50匹以上のケープペンギン@サンシャイン水族館

50匹以上のケープペンギン@サンシャイン水族館

ペンギン語りの時間です(^o^)
先日、サンシャイン水族館に行ってきたので
レポートさせていただきます♪

大都会の、ビルの屋上でペンギンと握手出来る場所。
それがサンシャイン水族館です。

ここではケープペンギンに会えます。
前面に透明な水槽があり、奥に岩場がありますので、
スイスイ泳ぐ姿をゼロ距離で見ることが出来ます。
(ゼロと言っても水槽の厚み数センチはありますので、あしからず)

sunshine_1
ケープペンギン1種類か…と嘆くなかれ、
その数は50匹以上※ということで、
ペンギン軍団の大パノラマが展開されています。

※探検ガイドツアーで聞きました。
ちょっと多めに聞こえていたらすみません(^^;)

ここのペンギンプールには1点、謎の機能があります。

それはニンゲンを驚かせ、

ペンギンは特に気にせずスルーするという。
…そんなに引っ張るものでも無いので説明しますと、

ペンギンプールの左側から、定期的に水が滝のように出てきます。
何の前触れもなく轟音がしますので、初めて来た人はキャッとなります。
(知らない人がびっくりしていると、フフフ…となります(笑))

この左側から出てきます。水待ち…という訳でもないペンギン
sunshine_4

何故そんな機能があるのか。
ペンギンにとって必要なのか。

別料金500円のかかる探検ガイドツアーで、
ちょうど海獣担当のお姉さん回だったので、質問したお友達が居ました。

結果として、特に意味は無い。

そうです。

まじですか。

そういうの大好きです(笑)

あとは面白かったポイントを書いていきますm(_ _)m

■ニンゲンを見つめるペンギン事情
プールでしきりに水槽ギリギリを泳ぎ、
じっとニンゲン達を見つめているペンギンが数羽居ました。

写真を見返してみると、目線に温度差があり面白いです。

ピンクとオレンジのバンドをしている子は眼差しが有効的で、
歓迎されている感がありました。
目線が常にニンゲン側で、観察しているようにも見えます。

sunshine_2

一方、黄緑と緑(?)のバンドの子は…
ジロリ、とこちらを睨んでいるようにも見えます。
自分達の縄張りに変なやつが来た!と思ったのでしょうか。
水族館でも野生を忘れない姿勢には感服です。

↓横目で値踏みされているような…
sunshine_3

 

■あれは本当に「雛」だったのか…?
岩場の一番高いところに色の薄い子が居ました。
今年生まれの雛かなと見ていましたら…

何かとてつもない出来事をくぐり抜けたかのような貫禄でした。

特に目です。正直目つきが悪い。愛らしさのかけらもない。

常に胸を張っていて、岩場の一番高いところを譲りません。
たまに大人をくちばしでつつきます。

sunshine_5

理屈ではない貫禄を持ったこの雛。
大人ペンギンも「ボスぅ!」とひれ伏しているようです。

sunshine_8
大事に育てられた結果、わがままBOYになってしまうのは
人間もペンギンも同じなのかもしれません・・・!?
(わがままGIRLだったらごめんなさい)

カップルがいちゃついていても気にしない姿勢は
見習いたいと思います。(私も胸はっていこう…)
sunshine_6

■探検ガイドツアー
絶賛開催中だったため、参加してみました。
別料金500円がかかります。

ガイドをしてくれる方は、お魚担当、海獣担当など
毎回違うようです。

私が参加した時は海獣担当のお姉さんでラッキーでした。
(ペンギンも担当とのこと!)

このツアーでは水族館の裏側を見せてくれます。

専用の浄水タンクは12本!水族館の人気者の正体とは…!?
浄水タンクを効率よく掃除する工夫とは…!?
丸飲み派、食べやすい大きさにカットする派、水族館の生き物のグルメ事情…!?
巨大水槽を真上から見下ろす!広く見せる工夫とは…!?
ゴワゴワ、もふもふ、魅惑の抜け毛・羽コレクション…!?

などなど、面白いお話が聞けました。

ペンギンについては、換羽で抜けた羽を触らせて貰えました。
ケープペンギンの場合は1回1羽につき500mlペットボトルで
3本程度の量が抜けるようです。

sunshine_10

かき集めた飼育員さんの苦労を思うと、
補正が入って気持ちふわふわの手触りに感じました。

換羽の時期は6月頃なので、ツルツルではなく
ボサボサしたペンギンに会うなら狙ってみてください(^o^)

sunshine_9

折角なのでペンギンについて聞いてみよう!と思ったのですが、
特に良い質問は思い浮かばず。
ペンギンの寝床について聞いてみました。

サンシャイン水族館では、裏にペンギンの寝床がある訳ではなく
そのままペンギンプールの岩場で寝るそうです。

岩場にはちょっとした穴が開いているので、
そこは寝床としては一等地でしょうか。
一等地の穴は子供を育てるカップルに
優先的に使ってもらうよう工夫しているとのこと。

ちょっとした裏側を聞けて満足しました♪

サンシャイン水族館のある建物とその周辺は
いろいろな施設が併設されており、1日中遊べます。
ペンギン充と食事と買い物をいっぺんに出来る場所。

これは行くしかないですね!

————————————————————
■サンシャイン水族館情報
HP:http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/
最寄り駅:東池袋駅(東京メトロ有楽町線) 徒歩3分
池袋駅(JR・東京メトロ・西武線・東武線) 徒歩8分
営業日:4月1日~10月31日 10:00~20:00
11月1日~3月31日 10:00~18:00
入館料:大人(高校生以上)  2,000円
こども(小・中学生) 1,000円
幼児(4才以上)     700円
シニア(65才以上)  1,700円
会えるペンギン:ケープペンギン(50羽位上とのこと!)
イベントなど:ペンギンフィーディング 1日3回

※記事を書いた日の情報です。詳しくはホームページで確認してくださいね。
————————————————————

ペンギンについてお勉強出来る、といえば
こんなイベントがあります。
ペンギン愛、深めてみませんか? 気になる方はこちら

ではまた~

ケープペンギンカテゴリの最新記事