ペンギンについて深く知る、年に一度の~ペンギン会議~

ペンギンについて深く知る、年に一度の~ペンギン会議~

ペンギン語りの時間です(^o^)

ペンギンについて詳しく知りたくて、本やインターネットで
情報を調べているのですが、一人だと限界があるな…と感じています。

例えば、
・ペンギンについての最新情報を知ることが出来たり、
・ペンギン仲間と出会ったり、
・ペンギングッズを買えたり
・グッズ購入を通じてペンギン基金に募金出来たり
出来る会議があるとしたら参加しますか?
…私は参加します!

というより参加してきました(笑)

参加してみて、東京開催ということで交通費はかかりましたが
参加して良かったと感じています。

一人だと情報を集めるのも限界がありますし、
なにより業界の方の貴重な最新情報をゲット出来ます。

個人的にペンギンが好きで、
さらにペンギン活動を加速させたい…!

という方は、参考にしてみてください。

インターネット上ではあまり情報が無いようですので、
参加してきた様子をお伝えします♪


ペンギン会議とは…?

日本のペンギン会議事務局という組織が開催しています。

全国の動物園や水族館の関係者や一般の方まで、
幅広く参加している会議です。

2016年1月に第24回が開催されました。
2日間開催され、1日は一般も参加可能、
もう1日は動物園や水族館の関係者のみとのことです。

発表者が各自のテーマで発表し、質疑応答を受け付けます。
ペンギンに関する展示や物販があります。
懇親会ではチャリティーのオークションもあります。

朝10:00~17:15まで、ペンギンに関する発表があります。
2016年の場合は14の発表がありました。


開催時期

毎年1回程度、冬(12月)に開催しているようです。
2016年は会場の予約の関係で1月開催とのことでした。


発表者の例

学生さん
国立極地研究所の研究員さん
一般の方
作家さん
水族館、動物園職員さん
ペンギン会議 研究員さん


2016年の発表タイトル例

-「  ペンギンはいかがですか。」
-SANCCOBケープペンギン最新情報
-2015年5月10日に閉館をむかえたマリンピア松島水族館と
それを見つめたファンクラブのこと
-シンガポールの動物園・水族館ガイド
-ペンギン展示の現状と発展
-最近著「動物翻訳家」について
-夏休み「ペンギン自由研究」とオリジナル「ペンギンの歌」について
-夏イベント ペンギン流しそうめん!
-仙台うみの杜水族館の概要とペンギン展示
-ペンギンショー「ペングィーン!」について
-ヒナ誕生によるペンギンゾーンの活性化
-分棟型水族館における利用者の滞留行為と空間選択の関係について
-フンボルトペンギンの保全に関する意見交換会の実施報告
-「ペンギンの海まで遠足」の紹介
-昨今のペンギン事情


参加してみての感想

内容に関するつぶやきは控えてくださいとのことでしたので、
雰囲気をお伝えします。

  一般の方はペンギングッズを身に着けている方が多く、本当に好きなんだなと思いました(^^)

ガチガチの研究発表を聞くのではなく、アットホームな雰囲気で
時々笑いのある会議でした。

内容は、一般の私でも分かるものから、少し難しい内容までありました。
(恐らく一般向けに優しいないようにしてくれているのだと思います)

1つの発表が15分~1時間くらいですので、
じっと聞いていられない小さなお子さんの参加は難しいかなと思います。

penguin_meeting2016_1

penguin_meeting2016_2

 


申し込み方法は?

インターネット上からの申し込みフォームが見つからなかったため、
私の場合はペンギン会議研究員 上田 一生先生のサイトから問い合わせを行いました。

STEP1:
ペンギン会議に参加したい旨を
上田先生のサイトの問い合わせフォームから問い合わせ

STEP2:
会議の1.5ヶ月くらい前(?)にペンギン会議の案内ハガキが届く
会議への参加有無、懇親会参加有無、ペンギン会議継続の有無などを記入し返信

STEP3:
当日会場で受付、参加費(2016年は2,000円、懇親会は5,000円)を支払い

いかがでしょうか?
ピンと来た方は、今すぐ上田先生のサイトを見てみてくださいね。

私は今後も参加していこうと思いますので、
もし会場で会いましたら仲良くしてください(笑)

発表にありました、「ペンギンの海まで遠足」、
実際に見てきましたので気になる方はこちらをどうぞ。

ではまた~

日本のペンギンカテゴリの最新記事