1日中ペンギン充する@横浜・八景島シーパラダイス

1日中ペンギン充する@横浜・八景島シーパラダイス

大分周りにもペンギン好きと認知されてきたばにきちです。
ペンギンが好きです!さらに届け、この想い(重いよ)

今日は、なるべく1回で沢山の種類のペンギンに会いたい人
先日行って来た水族館をお勧めします。

1時間電車に揺られて1種類のペンギン10羽くらいに会う。
それもまたオツですが…
折角ならその苦労に見合うペンギンに会いたい。
出来るだけ多くの種類、沢山の数のペンギンを。

うーん、ただの貧乏性かもしれませんが(^^;)

===============================================
6種類のペンギンに会える、関東の水族館とは・・・?
===============================================

タイトルに書いていますが(笑)
神奈川の横浜・八景島シーパラダイスです。

ペンギン好きの観点で3点のお勧めポイントがあります。

  1. 1箇所で6種類のペンギンに会えます。
     数種類のペンギンが同じ水槽で泳ぐ姿はなかなか面白いです。
    キング、アデリー、ジェンツー、マゼラン、イワトビ、ケープさんです。
    (マカロニさんにも会えるはずが、
    運悪く2016年1月現在他の水族館に出張中でした。)  
  2. ペンギンに触れるイベントがあります。  
  3. 1日中遊べます。
    水族館以外にアトラクションで遊んだり買い物が出来るため、
    ペンギンをじーっと見続けたい場合、
    連れやお子さんにはアトラクションで遊んでいて貰うという手も。

入場料がお高め(水族館だけで3000円)なのはありますが、
払った分ペンギン充が出来る良い水族館でした。

食べ物のバイキングで元をとろうとつい頑張ってしまう系の方は
きっと気に入ってくれると思います。

===============================================
ペンギン尽くしのフルコース!見るだけじゃないよ
===============================================

入り口から水族館まではちょっと歩きます。
seepara_1

駅や駐車場から橋を渡って、アクアミュージアムという建物の1階(外)にチケット売り場があります。

アクアミュージアム1階でペンギン5種類に会えます。
ぐるっと円形の構造で、ほかにも白くまやセイウチ、ラッコなどが居ます。
中央にじゅうたん敷きのスペースがあり、
疲れた場合は座って休むのに良さそうです。
seepara_2

 

ペンギンコラムも充実していますよ。
seepara_3

このペンギンマップ欲しい。
seepara_4

 

水槽のプールではペンギン達がひしめいています。
seepara_6

マゼランさんはニンゲンをじっくり観察するように水の上を漂い、
キングペンギンはゆったり泳ぐ。

seepara_5

アデリーさんはいろいろな軌道で奔放に泳ぐ。
プールが広いので、こちらに向かって泳いでくる時もあります。(ドキドキします)
seepara_8

ジェンツーさんはカップルで仲良く泳ぐ。
仲良くといってものんびりとではなく、ものすごいスピードで。写せないです。
(下のブレているのがジェンツーさん)
seepara_7

イワトビさんは泳がず陸上に居ました。
たまにキングさんに追いかけられていました(^^;)
うしろ、うしろ。逃げて!
seepara_9

 

わらわらとひしめくペンギンに満足したので、
アクアスタジアムでショーを見ました。
プログラムにもよるようですが、2016年1月中旬のプログラムでは
ペンギンがちょい役で出ていました。

ちょい役といっても写真を撮る時間はあるだろう、
と思うじゃないですか。

だ が し か し 


私は「ちょい役」の真の意味をこの時知ることになる。

アシカやオットセイの若手が覚えた芸を見せてくれるコーナーの後、

白黒の物体が1つ、
閃光のごとき(?)小走りで、
ステージを一直線に駆け抜けていった。

のです。

あ、あっ、あれケープペンギンだ!

と認識してカバンからカメラを探している間に
居なくなりましたよね。

一瞬すぎて何も出来なかった自分が悔やまれます(´・ω・`)

せめて名前だけでも、との思いから
出演した子の名前をメモしておきました。
「ごえもん」君だそうです。
文字だけだとなんと味気ない。可愛かったですよ、ごえもん君・・・
(この伝わらない感が切ないです)


気を取り直して、ふれあいラグーンに行きケープさんに会いました。
上から見るのも珍しいですね。
seepara_10

ここでは1日3回(2016年1月現在)ペンギンに触れます。

まずは広場の近くにある手洗い場で手を綺麗に洗います。

1月はお正月があるということで、
晴れ着的な何かを巻きつけた2羽が出てきてくれました。
seepara_11

飼育員さんがペンギンの帽子をかぶっていました。
サバサバしていて姉御っぽい感じ。好きです。

解説中、ペンギンのお腹を持ってひょいっと掲げていて、
そういう持ち方もあるんだ ( д) ゚ ゚と思いました。

ケープさんはその度に足をバタバタさせていて、
なんともいえない気持ちになりました。(可愛すぎて言葉にならない)
冷静な飼育員さんと焦るケープさんの対比がおいしいです。
seepara_13

そして、すぐに脱げる晴れ着(仮)
一仕事終えた感じの背中ですが、どっこい彼らの仕事はこれからです。
seepara_12

 

肝心の触れ合いは、舞台の周りのロープに沿って並び、
その内側をカートに乗ったペンギンが通るので
その隙に背中をそっとなでる。という流れです。

じっくり触れるわけではないのですが、
何回並んでもOKで、最後の人が触れるまで待ってくれるので
確実に触れると思います。

実際触ってみた感じは・・・

さわり心地、よろし!

背中がしなやか!そして手から伝わるぬくもり(暖かいっ・・・!)
羽もフワフワしていました。

seepara_14

 

写真撮影&触るというコーナーもあります。
撮影する分には無料なので、折角なら撮影してもらいつつ
触ると良いと思います。
(サービスカウンターで写真を確認し、気に入ったら1枚1,000円で購入できます。
ペンギンが稀にブレて写るのはご愛嬌)


後は別料金のバックヤードツアーも良かったです。

こちらはまた別の記事にします。

見てよし、触ってよしのペンギンスポットでした。
もし良いな、と思ったのなら今すぐホームページ
チェックしてみてください。

2016年2月6日~14日まで、
「旧正月ペンギンパレード」でペンギンの散歩が見られるようですよ・・・!


P.S
バックヤードツアーのレポートが出来ました。
520円払ったかいがありましたよ・・・ふふふ。
気になるかたはこちらをどうぞ。

ではまた~

アデリーペンギンカテゴリの最新記事